MENU

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するのが恥ずかしい?バレずに片付ける方法

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するのが恥ずかしい?バレずに片付ける方法

「ゴミ屋敷を見られるのが恥ずかしい」「ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するのも恥ずかしい」といった気持ちになって、ゴミ屋敷を片付けたいけど放置していて悩んでいませんか?

誰でも、汚れた部屋を人に見られることは恥ずかしいです。

しかし、ゴミ屋敷を放置していると害虫やチリ・ホコリによって病気になってしまったり、何かの拍子でゴミが燃えて火事になることもあります。また、うつ病や自閉症といった精神疾患になるリスクもあるので、ゴミ屋敷は早く片付けた方がいいです。

この記事では、ゴミ屋敷を人にバレずに片付ける方法を解説します。人に見られるのが恥ずかしい人は、ぜひ参考にして一歩踏み出してみてください。

目次

近所の人には、すでに家がゴミ屋敷だとバレている可能性が高い

ゴミ屋敷に住んでいるとバレたら恥ずかしいと思う気持ちはわかりますが、すでに近所の人には家がゴミ屋敷になっているとバレている可能性が高いです。

家の外にゴミのにおいが広がってバレる

家がゴミ屋敷だと、さまざまなゴミのにおいが混ざって部屋のにおいが臭くなります。

ゴミ屋敷で生活しているあなたは、においに慣れてしまって気づかないかもしれませんが、家の外にゴミのにおいが広がります。

臭いにおいに異変を感じた近所の人は、「どこからにおうんだろう?」と思うので、近所で噂になってすでにバレている可能性が高いです。

服についたチリ・ホコリ、服の臭い・毛玉・虫食いでバレる

ゴミ屋敷では家じゅうにチリやホコリ、ゴミの臭いにおい、害虫が発生します。

ゴミ屋敷のなかで生活していると服にチリやホコリが大量についたり、ゴミの臭いにおいがついたりします。さらに、服を片付けていないと床や物に擦れて毛玉ができていたり、害虫に食われて穴が開いていることもあります。

近所の人は、あなたの普段の身なりから少なからず部屋が汚いことがわかるので、ゴミ屋敷に住んでいるとバレている可能性が高いです。

家の外に出ているゴミでバレる

家のなかにゴミが納まらないと、家の外にゴミを置く必要があります。あるいは、家のなかのゴミに押し出されて家の外にゴミが流れ出ている可能性があります。

家の外にゴミが出ている状況を見れば家のなかが汚いことは簡単に想像できるので、近所の人には家がゴミ屋敷になっていることがバレている可能性が高いです。

人にバレずに自分でゴミ屋敷を片付ける方法

家がゴミ屋敷になっていることはすでに近所の人にバレている可能性が高いので、人にバレずにゴミ屋敷を片付けることは正直なところ不可能です。しかし、それでもなるべく人にバレたくない、見られたくないという人は、以下の方法を検討してみてください。

ゴミ屋敷を人に見られたくない、バレたくない場合は、ゴミ屋敷を早く片付けたいからといって積み上がったゴミをまとめて処分してはいけません。

大量にゴミの入った複数のゴミ袋をゴミ捨て場に置くことになるので、家がゴミ屋敷ということを人に知らせているようなものです。ほぼ間違いなく、ゴミ屋敷だということがバレます。

ゴミをまとめて処分せず複数に分けて捨てるようにします。ゴミ屋敷を早く片付けたくても、人に見られたくないのであればゴミを複数に分けて捨てる忍耐力が必要になります。

においの強いゴミは、ゴミ袋1枚だとにおいが抑えられず漏れてしまう可能性が高いです。ゴミ袋を二重三重にして重ねて、においが外に広がらないように工夫する必要があります。

ドラッグストアやホームセンターで消臭剤を買って、ゴミ袋のなかに入れておくことも有効です。

人にゴミ屋敷を見られたくない、バレたくないのであれば、たとえ面倒でもゴミ袋を重ねたり消臭剤を購入したりといったある程度の手間をかけるようにしましょう。

ゴミ袋に入れていても、ゴミは袋から透けて見えます。また、ゴミを複数持っていると部屋が汚いのではないかと、近所の人に怪しまれます。そのため、ゴミを運び出すときはダンボールのような箱に梱包して、ゴミを隠すようにしましょう。

ただし、ゴミを段ボールに入れたままゴミ捨て場に捨てることはできないので、段ボールに梱包したゴミは車やに乗せてゴミ清掃センターまで自分で持っていく必要があります。

自分で車を手配して運び出す手間があるので正直面倒ですが、人にバレずにゴミ屋敷を片付けるには必要な手間と認識しておきましょう。

平日の朝と日中、土日・祝祭日の日中、金曜日と土曜日の夜は人にバレる可能性が高いので避けましょう。

平日の朝と日中は仕事に行く人や家でテレワークをしている人がいるのと、土日・祝祭日の日中、金曜と土曜の夜は人通りが多いので家を片付けていることが人にバレやすくなります。

金曜日を除く平日・日曜日・祝祭日の深夜、土曜の早朝に作業すれば、人にバレずにゴミ屋敷を片付けることができます。しかし、人が行動する時間の反対の時間に肉体労働をするので、あなたの体力も必要です。

物音を立てないで静かに作業すれば、人にバレすにゴミ屋敷を片付けることができます。

しかし、積み上がったゴミが崩れ落ちてくる可能性があるので、ゴミ屋敷の片付けに慣れているプロでないと物音を立てないで静かに片付けることは難しいです。

ゴミ屋敷清掃業者にはゴミ屋敷を見られても安心

ゴミ屋敷を自分で片付けることは時間も体力も使う上に、人にバレずに片付けることは現実的ではありません。とはいっても、ゴミ屋敷を業者に見られるのも恥ずかしいと思う人もいますよね。

結論として、ゴミ屋敷清掃業者にゴミ屋敷を見られることを恥ずかしく思わなくて大丈夫です。

ゴミ屋敷清掃業者はゴミ屋敷を片付けるプロなので、想像を絶するようなゴミ屋敷の片付けを経験してきています。また、依頼者の家に関するプライバシーを守るので、あなたの家で見たこと、行った片付けのことを人に話すことはありません。

ゴミ屋敷清掃業者に「ゴミ屋敷を見られるのが恥ずかしいです」と伝えておけば、プライバシーに配慮した提案をしてくれるので、安心してゴミ屋敷製造業者に相談できます。

プライバシーを守ってくれるゴミ屋敷清掃業者の選び方

ゴミ屋敷清掃業者のなかでもプライバシーを守ってくれる、信頼できるゴミ屋敷清掃業者を選ぶことが大切です。

信頼できるゴミ屋敷清掃業者の選び方は以下のとおりです。

人にバレずにゴミ屋敷を片付けるためには、早朝や深夜、土日や祝祭日のような人の目につかない時間に片付け作業をする必要があります。そのため、早朝や深夜、土日や祝祭日に対応している業者に依頼するようにしましょう。

業者によっては早朝・深夜料金、土日祝祭日の料金を別途で加算していることがあるので、できれば時間や曜日による加算料金がかからない業者に依頼することが理想です。

男性でも女性でも、異性に汚い部屋を見られるのは誰でも恥ずかしいです。

ゴミ屋敷の片付けにきた業者が同性のスタッフであれば、安心感があります。男性スタッフしかいない業者が多いので男性の依頼であれば問題ないですが、女性が依頼したい場合に男性スタッフしかいない業者だとなかなか踏み出せませんよね。

男性スタッフ、女性スタッフ、どちらでも対応できるような業者に依頼することで、あなたの希望に合わせた性別のスタッフを派遣してくれます。

ゴミ屋敷清掃でもっとも大切なことが、ゴミ屋敷の片付けにおいて高い実績を持っている業者に依頼することです。

ゴミ屋敷の片付け実績の高い業者であれば、さまざまなゴミ屋敷やそこに住む人関わってきています。そのため、ゴミ屋敷に住んでいて片付けてたいと思っている人の気持ちや、恥ずかしいと思う気持ちを尊重してくれます。

また、多くのゴミ屋敷を片付けてきているプロなので、ゴミ屋敷をあっという間に片付けて家をきれいにしてくれます。

実績が豊富で信頼できる業者は、無料で見積もりをして、あなたの希望する日時にスケジュールを決めたら迅速に作業してくれます。悩んでいる時間がもったいないので、まずは気軽に相談してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次